不安を解消する為の脳トレーニング
「不安を解消して、安心感、安らぎを感じるための脳の使い方」

心を脳科学で考えると不安解消法が見えてくる!
脳に「安心、大丈夫なんだ」と感じさせるための「脳の取扱説明書」と「実践ワーク」セミナーです。

あなたは、どんな時に不安を感じるのでしょうか?
たとえば、「将来への不安」
お金のこと、仕事のこと、家族のこと、健康のこと、生活のこと…
誰もが大なり小なり、将来への不安を感じたことがあるかと思います。

もしかしたら、強いストレス環境が長く続き、やがてそれが常態化して、不安気質(人見知り、分離不安、特定の恐怖症、全般性不安障害、社会不安障害、社交不安障害、パニック障害、強迫性障害)のレベルにまでなってしまっているかもしれません。

そういう悩みをお持ちの方に、役立てて頂きたいと思いこの講座を開いております。



>>>「不安」を解消する脳トレーニング(脳科学理論と実践ワーク集):安心感を感じる脳の使い方、不安解消法













[PR]
# by kn19870829 | 2017-04-25 16:31 | 健康



【実話】
うつ障害年金の申請で
たった1つの「○」をつける位置を間違えて
178万円を受給しそこねた失敗例
   ~行政訴訟で裁判まで行った~
実際に自分が体験した失敗談です
うつ病での障害年金を申請するとき
失敗して178万円をもらえませんでした
その注意点です

最大で
【一括で月額受給と別に】
約5万円×12ヶ月×5年間=約300万円
?が訴求受給できます。
このPDFは最も受給金額に影響があります
うつ 障害年金 訴求請求
この商材PDF(5ページ)の項目
1【基本】
2【いくらもらえる】
3【厚生年金の 3 級】
4【障害認定日】
5【訴求請求】
6【申請書】
7【なぜ筆者は間違えたか】
8【再申請の後】
9【結論】


>>>【実話】うつ障害年金の申請でたった1つの○をつける位置を間違えて178万円を受給しそこねた例





[PR]
# by kn19870829 | 2017-04-25 16:29 | 健康

【目を良くするサイクル】
①視力回復には継続(長期的)
  ↓  
②継続の為に、毎日の生活習慣を整える
  ↓  
③目によい生活習慣となる



10のルールをお勧めする理由

上記で述べたように、視力回復において一般の書籍に書いてあるようなトレーニングはなかなか続かないのです。

理由は単純で【面白くない】からです。


生活習慣にするには楽か、楽しいかという点が非常に重要なので、面白くなく、めんどくさいという方法は継続しにくいと言えます。

そのため、今回お勧めする10のルールはできるだけ楽を意識して考えました。 そして10のルールは比較的楽で続く可能性が高いと言えます。

理由としては出来るだけ無駄なく、道具や実施場所などを工夫しているからですが、やはり一番の理由は、めんどくさがり屋の自分でも出来たからです。
自分が出来たのだから皆様にも出来ると思います。

面白くなく、生活に合っていない方法を続けるのは大変根気が必要です。 また、短期では視力は簡単にあがりませんので、 今まで日常生活の改善と言うことを試していなかった方は特にこちらのルールを試していただければと思います。

【書籍等でトレーニングの傾向】
・毎回準備(道具や場所)するものが多い
・外で視力回復トレーニングするにも人の目が気になるトレーニング内容である
・単純にトレーニング内容がめんどくさい



【10のルール】
・トレーニングするが(時間は使うけど)、生活の一部に含めるようになっている為、比較的続けやすい
・外(移動中や仕事の休憩中)の隙間時間でもトレーニングしやすい方法としている為、比較的やりやすい
・トレーニングといった部分は極力少なく、また簡単なことを採用している


もともと視力回復は長期的に続けることが必要で、簡単なことでないことも事実です。 但し、めんどくさがり屋の自分でも10のルールで(全てを常に守りきらなくてもよい)メガネを捨てることが出来ましたので 視力を良くしたい方は是非ご検討いただければ幸いです。



>>>視力を上げる為の10個の生活習慣











[PR]
# by kn19870829 | 2017-04-25 16:27 | 視力回復

s

s
[PR]
# by kn19870829 | 2017-04-25 00:18