【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~



実は、原因の究明には、特にユダヤ系の人にみられる非常に珍しいある病気が重要なヒントになりました。ガンと関係の深いその病気の特徴について詳しく説明します。


これがドクター荒木に逆転の発想をもたらすきっかけとなった訳ですが、この恐ろしいガンの特徴を知らないと全身がガン細胞に蝕まれてしまう可能性があります。これだけは絶対に知っておいてください。

それは、糖が他にはないある特性を備えているからです。この特性を理解すれば、ガンを根本的に死滅させる大きな手助けになります。


これは、世界中で常識的に採用されている「PET検査」から証明できるのですが、その根拠を医学の知識がない方にも分かりやすく説明します。


“早期発見”とはどういう意味なのか?ガンとういう病気が本当のところどういう病気なのか、今まで誰も語らなかった真実をお伝えします。


なぜ、ドクター荒木は放射線治療が根本的なガン治療にはならないと主張するのか、誰もが聞けば納得できる理由をお伝えします。


その他にも多くの正常細胞も同時に殺されています。特に“ある正常細胞”が死んでしまうと、例えガン細胞が死んでも寿命が縮まってしまいます。人間が病気に打ち勝つために絶対に殺してはいけない“ある正常細胞”とは?


仮に全てのガン細胞を摘出できるのであれば、手術でガンが良くなる可能性は十分あるでしょう。しかし、これを知らないで手術を受けることは決してお勧めできません。


その真意について具体的にお話します。この真意が分かれば、たくさんの方にガン治療に対する希望を持って頂けるはずです。


常に世界中から文献を取り寄せ読みあさっているドクター荒木が、ズバリこの疑問にお答えします。






一体、何の不足なのか?ガン細胞が無限に増え続けることの裏付けとなる斬新な理論について分かりやすく解説します。


その電気はどのように発電され、どのように人間の体が動くのかを、この機会にあなたがよく知っているある測定器を例にお話します。エネルギーのお話はガンを理解するうえで極めて重要です。


一体どちらが人間の体にとって効率が良い発電材料でしょうか?これはガンの原因を理解する為に本質的に重要なことですので、噛み砕いてお話します。


少し専門的な用語になりますが、本編には敢えて解説を加えておきました。これをお聞き頂ければ、その他の自称ガン専門家が如何にガンを理解していないか、医学的に根拠のないことを述べているかが一目瞭然となります。


これがノーベル賞を受賞したワールブルグ博士の考えるガンのメカニズムですが、今回お伝えする食事法は、この医学的根拠に基づいて確立されていることから、玄米菜食などのその他のデタラメな食事法とは一線を画すことを証明します。


ガンの原因の1つは“糖”ですが、これを知っていても、もう1つ“この原因”を知らなければ効果的な改善には繋がりません。必ず知っておいて頂きたいもう1つの原因についてお話します。


この理由が分かれば、上記のもう1つのガンの原因も理解できます。同時に、一瞬でこの問題を解決できる最も簡単な方法もお伝えします。


別の切り口から別の身体活動を通じて解説します。解説は別々になりますが、身体活動は全て連携していますので、すべて知ることで、より早い病気の改善に繋がります。


明確な違いがあります。知っているか知っていないか、これはほんの少しの事で改善できることですので、絶対に知っておいてください。


ガン細胞は暴走した車に例えられることがあります。正常細胞にあってガン細胞にはないものを生物学的観点からお話します。


転移はどのように起こるのかを分かりやすく解説します。一瞬で転移についての理解が深まるとともに、だからこそガンが恐い所以をお伝えします。


筋肉には「肉腫」という悪性腫瘍があり、筋肉のあるところはどこでも発生する可能性があります。肉腫について詳しく解説します。


細胞に“ある物質”が入らなくなるとガンになりやすくなるのですが、心臓や動脈にはその物質がたくさんあります。人が生きていく上で最も欠かせないある物質を明らかにします。


今のところ100%確実に治る治療法ではありませんが、少なくとも延命効果があるとされる治療法の詳細をお伝えします。ぜひ、すぐにでもお役立てください。


私たちが毎日無意識のうちに摂取しているガンを殺せるある物質とは?


これは十二指腸には臓器の中でもとても稀有なある性質があるからなのですが、その性質とガンの原因との関連性について解説します。


ガン細胞にはこの能力があるため、正常細胞が生きられない環境でも生きていくことができます。これが、ガン細胞が無限に増え続ける要因です。


実際は、ガン細胞は糖なしでは生きていくことができません。もはや糖は、恋人以上の存在で、ガン細胞にとって生命の糧であることを解き明かします。


一方、正常細胞は糖がなくても生きていくことができます。つまり、糖を断てばガン細胞だけが死んでガンが改善する仕組みを分かりやすく解説します


これは、PET検査がガン細胞のある特徴に着目し、それを最大限に利用しているからです。そのある特徴について具体的にお伝えします。






年齢が若くても体が老化している恐ろしい事実をお伝えするとともに、誰にでも実践可能で最も有効な老化を防ぐ方法をお教えします。


これは、ガンの人もそうでない人も、経過観察中の人も完治した人も、すべての人に言えることですが、その医学的根拠をお伝えするとともに、老化を防ぐ方法をお教えします。


これらの栄養素は、一般的には体に悪いと刷り込まれていますが、ともに人間の体内では作ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸を豊富に含んだ欠かすことのできない食品です。本物の栄養学をお教えします。


こちらも本物の栄養学的観点から分かりやすく解説します。玄米菜食主義者が如何に医学的根拠のないいい加減なことを主張しているのかをすべて暴露します。


これが新陳代謝のプログラムなのですが、これに異常が生じるとガンになります。新陳代謝に絶対に欠かすことのできない2つの栄養素をお教えします。これだけは、どんなことがあっても知っておいてください


何を食べるべきで、何を食べるべきではないのか?その理由とともに具体的な食品をお教えします。すべてお近くのスーパーで手に入れることができますのでご安心ください。


ブドウ糖を断って正常細胞のエネルギー源を脂肪へ切り替える最も合理的な方法をお伝えします。この方法を知れば理論上ガンは死滅します。


この栄養素は極めて重要な栄養素なのですが、ガンを殺す為には少し制限が必要です。その栄養素と理由について具体的にお伝えします。


ガン細胞を死滅させる為に摂取量を増やす必要のある栄養素とその理由について自称ガン専門家が説明できないレベルを分かりやすく解説します。


これはガン治療においても非常に有効であることが、多くの症例で示されていますので、順を追って解説します。このダイエット法を知るだけでも大きな効果を期待できます。


それは、この食事法によって出来る限り高く生活の質(QOL)を維持しながら、少しでも長く自分らしく生きて頂くことです。ドクター荒木がその想いを本音でお話します。


手術・抗がん剤・放射線も絶対的な治療法ではありません。しかし、【荒木式】食事法であれば、人生に希望を持てる理由をお伝えします。


その為のギリギリの範囲の食事法をお伝えしますので、ぜひ、試してみてください。そして、健康な細胞だけを維持してガン細胞を栄養失調にさせてしまいましょう






『断糖食』とはその名の通り“糖”を“断つ”食事法のことですが、非常にシンプルな食事法です。まずはその基本からお話します。


これは本編で詳しく説明しますが、大きく分けて4つのジャンルに分けられます。4つのジャンルのいずれかに該当するものであれば、どんなものでも摂取可能です。難しく考える必要は一切ありません。


発酵食品にも種類や状態によってはお勧めできないものがあります。なぜお勧めできないのかという理由とともに、摂取可能な発酵食品を具体的にお伝えします。


こちらも非常にシンプルです。一人暮らしの男性でも問題なく調理できますのでご安心ください。もちろん、具体的な調理法もお伝えします。


一方はガン対策に効果があり、もう一方はガンのリスクを高めます。この極めて重要な違いについて分かりやすく紐解きます。あなたが摂取すべきなのは、ガン対策に効果のある“あぶら”であり、決してガンのリスクを高める“あぶら”ではありません。


少し医学的なお話になりますが、この膜が良質でないと新陳代謝がうまく行われず、その結果、ガンになってしまうメカニズムについて解説します。


これは先ほどの“あぶら”の話と密接に関係しています。どちらの油がミトコンドリア膜の性質を悪化させているのかを説明します。


これはとてもシンプルです。ミトコンドリア膜が何からできているのか、その原材料を知って、その原材料を多く含んだ食品をしっかり摂取すれば問題ありません。その代表的な食品をお伝えします。


これらの食品はとても栄養価が高く吸収しやすいある物質を豊富に含んでいます。とても簡単に摂取することができますので、この機会に必ず知っておいてください。


延命効果を高め、少しでも体を楽にして、最後まで苦しまずに生きることを可能にする6つの方法について具体的にお伝えします。これが【荒木式】断糖食の真髄です。


これらは酸素を取り込みやすいように体をアルカリ性にする方法に関する詳細です。簡単に取り入れられる方法が2つありますので、ご紹介させて頂きます。


これは免疫細胞を増やしてガンを殺す方法に関しての詳細です。ある物を摂取することによって免疫細胞を増やせます。こちらもすぐにできる簡単な方法ですので、ぜひ、実践されてみてください。


これも免疫力を上げる方法ですが、リウマチなど多くの難病に対し効果が示され、ガンに対する効果も証明されている方法です。こちらもすぐに実践可能な方法ですので、試してみてください。


これらの6つの方法によって、体をアルカリ性にし、なるべく酸素を取り込み、免疫力もあげます。具体的な方法は本編ですべてお伝えしますので、断糖食と合わせて実践されることを強くお勧めします。






実は大嘘です。繊維は悪玉大腸菌によって発酵処理されるのですが、その際に、非常に体に悪い毒素を発生させます。腸がボロボロになって大腸がんになりやすくなる過程を分かりやすく説明します。


上記の解毒処理のために肝臓は疲弊してしまいます。また、その毒の為に体臭や便が臭くなったり、ピロリ菌が発生したりする過程を解説します。


全くの反対で、食物繊維を食べれば食べるほど便秘になります。実際に、野菜を好んで摂取する女性ほど便秘が多いです。便秘になるメカニズムを具体的にお教えします。


その典型が北極圏に住む人たちです。北極圏では農産物は作れず、彼らは魚や動物しか食べていません。農産物がガンをはじめとする様々な病気の元になっている医学的根拠を解説します。


“あぶら”には、「脂」と「油」があります。一方は錆びやすく体に良くありませんが、もう一方は錆びにくく柔軟性があって体に良いです。“あぶら”について詳しく解説します。


デザートは“別腹”というのは正しく、糖には脳を狂わせて食べ過ぎてしまう性質があります。反対に、脂肪やタンパク質をたべると抑制ホルモンが出て食欲は止まります。食欲の医学的なメカニズムを解き明かします。


これは悪質な“あぶら”によって血管が錆びた結果です。ガンの元とも大きく関係することですので具体的にお話するとともに、中鎖脂肪酸の有用性について解説します。


中鎖脂肪酸の他にオメガ3脂肪酸も非常に良い“あぶら”です。これらの良質な“あぶら”を効率良く摂取する具体的な方法をお伝えします。


塩分は人間の体を動かすのに欠かせない物質です。塩分がなければ心臓も動きません。また、必要以上に体に溜め込むことができないので、摂り過ぎるということは起こらないことを解説します。


それは、「夏はしっかり塩分を摂りましょう」です。国は減塩低塩を推し進めてきましたが、ガン患者も高血圧患者も減るどころか増え続けています。塩は体に悪い物質ではないことを改めて説明します。


糖が体に悪い理由はたくさんお話してきましたが、塩と糖を比べた時に、決定的に違うことがあります。これは人類の長い歴史を遡るお話になりますが、分かりやすく解説します。


京都大学が発表した「糖尿病の人のガンの発症率は、糖尿病でない人の1.7倍である」「ほぼ2倍の確率でガンになる」という統計結果についてお話します。


これはよく聞かれる質問なのですが、結論からお話するとそのようなことはありません。むしろ、野菜や果物ばかり食べる玄米菜食こそビタミン不足になることを栄養学的に証明します。


それは即ち、すべての栄養素を体内に蓄えているからです。【荒木式】食事法では動物や魚を摂取します。つまり、生命を維持するために必要な栄養素は、生命を保っている動物や魚からすべて摂取できるということを分かりやすく解説します。


これを聞けば日本人で良かったと思うと同時に、ガン対策に効果のある食事を楽しく美味しく実践できるでしょう。


これもよく聞かれる質問ですが、結論からお話すると全くそのようなことはありません。むしろ今日の野菜や果物を食べても殆どミネラルは含まれていません。【荒木式】食事法がミネラル不足にならない理由をお話します。


現代の野菜や穀物を摂取しても殆ど含まれていませんので、効率よく摂取する方法をお伝えします。この方法ならマグネシウム不足は起こりません。


日本の土からは殆どなくなってしまいました。その証拠をある野菜を例に解説します。


ビタミンもミネラルも不足します。一方、【荒木式】食事法であれば、いかなる栄養素の不足も起こりません。その理由を改めてお伝えします。


アルコール好きには気になる質問でしょう。アルコールについてその性質や影響など、ドクター荒木の見解を率直にお伝えします。




以上は、今回のプログラムに収録されている内容のほんの一部です。

プログラムには、ガンを対策する【荒木式】断糖食を自宅で実践するために必要なすべてが詰め込まれています。

プログラムの内容を実践して頂ければ、少なくとも、さまざまな苦痛を緩和し、QOL(生活の質)を高く維持しながら、延命効果を最大化することが可能になるでしょう。そして、場合によっては、ガン細胞が消滅する可能性も十分にあります。

【荒木式】断糖食でガン対策をする為に必要なすべてがこのプログラムに詰め込まれていますが、今回は、さらに9つの特典をご用意しております。

私たちがどれだけ真剣なのか、その真意が伝われば幸いです。



>>>【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~







[PR]
by kn19870829 | 2017-07-15 22:32 | 健康