驚きの禁煙成功率「タケモト式禁煙療法」DVD


驚きの禁煙成功率「タケモト式禁煙療法」DVD


①脳波が遅くなるとは?

「脳波が遅れる」という症状は、簡単にいうと「寝起きで、まだ寝ぼけている状態」です。
また、本来であれば、100キロ出せる能力が、90キロしか出せなくなっている状態です。

つまり、タバコを吸わない人に比べると、マイナス状態を強制させられてしまっている状態です。

具体的な症状は、
・眠気や気怠さ
・ぼーっとし、集中力が低下
・なんとなく落ち着かず手持ち無沙汰
・微妙にイライラする

あなたもこんな感覚に、心当たりはありませんか?



そうです!タバコが吸いたくなりますよね!

実はこの感覚は、脳が遅くさせられた脳波を回復させるために
「ニコチンを補給させる指示」を機械的に出してしまうのです。

これが吸った記憶のないタバコの正体なんです!
半ば無意識で、クセや習慣の様に感じてタバコを吸ってしまうのも理解できますよね!
②ドーパミンの不足

ドーパミンが不足すると、幸福や快感、満足感を感じにくい状態になります。

具体的には、タバコを吸うと強制的にドーパミンを放出させて、快感を得ることができます。
半面、タバコを吸わないと快感を得られない、という状態になってしまうのです。
③「ニコチンを有害物質として感じない」とは?

はじめてタバコを吸ったときのことを思い出してみてください。
頭がクラクラしたり、痛くなったり、すごく苦くて決して美味しいものとは感じなかったはずです。

でも、今はいかがですか?

タバコを吸う事でリラックスできると感じたり、安心感を得たり…もう頭痛もクラクラも感じませんよね?

これは「脳」がタバコ(ニコチン)を毒物として認識しなくなったという証拠なのです。



いかがでしょうか。
今更ですが、この先もタバコを吸い続けることは、危険でどう考えても損だと感じていただけたのではないかと思います。

「もうタバコの味を知ってしまったから遅いよ!」
「あたまでは分かっているけど止められないんだ!」

そんな声がたくさん聞こえてきそうですね(笑)。

どうかご安心ください!
今あなたは、このサイトを御覧になり、最後の禁煙のチャンスに巡り合えたのですから、あきらめず「タケモト式禁煙療法」を是非一緒にやってみましょう。



>>>驚きの禁煙成功率「タケモト式禁煙療法」DVD








[PR]
by kn19870829 | 2017-05-25 23:12 | 健康